イベント用ワンタッチテントを激安通販|小型から大型までサイズ豊富!

選挙カー

選挙カー

選挙カーの看板
選挙運動の時間がのび選挙カーの看板に照明をつける候補者がふえていますが、電気をつけていいかという問題がありますが、公職選挙法143-2で「看板を照明するために電光を使用することは差し支えない」とありますので、これは了です。

実際、田舎で12月の選挙で5時過ぎに真っ暗やみで、畑の1本道をスピーカーで声を張り上げている様は不気味です。

しかし、この照明をあてる際、外から照らすか、中から照らすかという問題がありますが、中から照らしていいのかということが問題になります。

これは東京都の選挙管理委員会ではNGです。根拠法は、同じく公選法143-2「ネオン・サイン又は電光による表示」に該当するという解釈からです。同じ蛍光灯を照らすのに中から照らすのと外から照らすのでは、東京選管では法解釈が違います。

しかし全国の都道府県選挙管理委員会ではこれを差し使えない(選管はどんなことでもやっていいとは言いません。)同じ電光をつかうのだから、中からでも外からでもいいだろうという判断です。ちなみに埼玉県の選挙管理委員会はOKです。埼玉県警はNGで事前審査に矛盾が起きています。

しかしこの内照式の看板の4方を囲うと、公選法143-9のちょうちんのたぐいとみなされ、その大きさは、高さ85cm、直径45cmを超えてならないとあるので、違法とみなされます。よって1面には電気をいれず、ちょうちんとみなされないように、3面内照式で走っている車が多いです。

気をつけなければならないのは、選管が内照明でいいが1面ははずせば問題ありませんという支持にしたがって、看板を設置したのに、事前審査で警察からおとがめをもらうことがあります

これは県警の選挙担当者が、分からないことがあると、警視庁に問い合わせるためです。東京都の選管も警視庁も内照はNGです。

同じ法律(公職選挙法)で都道県単位で違いがあるというのは、不思議におもわれるかもしれませんが、解釈のちがいでまるきり正反対のことが起きます。またこの状況を把握している人もいません。選挙は非日常でおきるため専門のコンサルタントは少なく、いたとしても結構いいかげんな人が多いです。

また、選管職員も警察の選挙対策課も他署への移動が多いので本当のスペシャリストはいません。選挙事務所も素人ですが、選管も、分かっているやっている人は、1・2人です。

やはり最後は中央選管は無理として東京都選管に判断を仰ぐしかありません。

事前審査には、選管と警察の立会いのもと行われますがお互いの役割は、選管は看板のサイズ、性質の審査、警察は、道交法の基準にしたがい看板の上部までの高さ、車幅からでていないかの審査であって、内照式であるか外照であるかは選管の守備範囲です。ですから、選管から、差し支えないといわれたのなら警察のおとがめをうけても無視すればいいのですが、実際問題なかなかそうもいきません。

運動員は候補者がかわいいので、あまり出過ぎたり、文句は言えません、風評を気にしたり警察官・選管職員も有権者です。やはりお上には逆らえません。

事前審査が警察署で行われるとき選管職員がこないところも多いようです。

http://www.frecs.com/

日時:2011年2月15日 22:26

イプテント

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional