イベント用ワンタッチテントを激安通販|小型から大型までサイズ豊富!

チェルノブイリハートみました

チェルノブイリハートみました

チェルノブイリハートみました

心臓に重い欠陥を持って生まれた少女の手術の光景が映し出される。
チェルノブイリ・ハート、この映画の題名の由来。

手術の順番を待つ子供たちの大半は、その順番を待たずしてなくなると言う。

この地域で健康なアカチャンが生まれる確立は15~20%、こんなことがあってよいのでしょうか。
我々の社会での正反対健康で生まれてくる子供の数のほうが」すくない社会とはその状況におかれる状況とは
想像も付きません

テレビ・新聞の情報では、得られませんが、ネットでは、副島の事故の放射線の量はチェルノブイリ
を上回っているという情報もあります。

5年10年後の日本がこのような状況におかれると言う認識を持てません。おおくの日本人はいま、思考停止
認識を持つことを拒否してその時ははその時と思い込んでいるのでしょうか。実際この映画の観客も少ない用です。

事件当時わたしは、ソ連という国は遅れている国家だと思い、日本は大丈夫と思っていたが、
とんでもない思い違いだった
子どものころからソ連という国にはいい印象はありませんでした。ブレジネフ書記長・グロムイコ外相
見るからに怖そうな我々日本人と違い残虐性の強い民族と思っていました。

この映画をみて考えが変わりました。献身的で事故にたいし責任感をかんじる医師や、障害を持つこに
慈愛をもって接する介護の人たち。

25年前といまは違うが今の日本人より、あたたかい心を持っているようにおもえます、
それにしてもいまの日本の空気は何だろう。こんな大事故がおきても、それでも経済が優先なんだろうか?

日時:2011年9月 5日 06:13

イプテント

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional